ABOUT

演劇企画集団LondonPANDAとは?
aq_block_2

大河原準介が 2007年、東京・下北沢にて旗揚げ。公演の度に各劇団および事務所から優秀な役者陣を呼び寄せ、“ポップ・ブラック・シュールな笑い”を合言葉に、毎回、《近所に居そうだけと見たことはない人々》をモチーフに作品を紡ぐ。近親相姦・厨二病・マイルドヤンキー・風俗嬢・ニートなど、人間の闇を淵から覗くような作風で、毎回賛否両論を招く。2015年の本公演を最後にロンドンへ遊学。2016年より活動の場を地元・仙台に移転。

大河原準介プロフィール

1981年生まれ。宮城県仙台市出身・在住。
高校時代にイッセー尾形の1人芝居を観て衝撃を受ける。
お笑い芸人を経て、桐朋学園芸術短期大学専攻科演劇専攻修了。

活動歴

2010年|佐藤佐吉賞(主催:王子小劇場)最優秀演出賞・優秀作品賞(vol.6『おふとんのなか』)

2012年|佐藤佐吉賞(主催:王子小劇場)優秀作品賞(vol.8『厨』)

2015年|ロングアドリブライブGGO企画・演出

2016年|
とうほく学生演劇祭3審査員
杜の都の演劇祭フリンジプログラム参加(3作品):
 『犬は鎖に繋ぐべからず』(作・岸田國士)
 『変身』(作・F.カフカ)
 『かもめ』(作・A.チェーホフ)
若手演出家コンクール2016(主催:日本演出家協会)優秀賞

contact

当ユニット&次回公演に関するお問い合わせ・ご質問は下記フォームよりお送りください。




お名前(必須)

メールアドレス(必須)

題名

メッセージ本文